男性たち

無償で試せるグループウェアをまずは使ってみよう

子会社の納税を同時に実施

オフィス

子会社の損益と通算して親会社がまとめて納税を行う方法が連結納税です。子会社に赤字を抱えている会社などはこの方法を採用することで納税額を安くすることが可能になります。半面控除などではデメリットが出る可能性があります。

もっと読む

組織のマンネリ化を防止

PCを操作する人

社内の空気を一新して、組織体系を見直す組織改革はとても重要です。成功させるためには、社内の意識統一が大事なので、リーダーシップが問われます。経営の専門家などに会社を客観的に分析してもらい、問題点を洗い出して改革する、業務ロスを軽減するソフトを導入するなどの方法があります。

もっと読む

基幹システムにより効率化

パソコン

ERPは企業の基幹システムを統一化したものです。人と物、そして金の3要素が独立したシステムを利用していても経営状態の全体像を見ることはできません。複雑に絡み合う3要素を一元管理できるのがメリットなのです。

もっと読む

利用とその費用

PCを触る人

ツール利用とコスト削減

近年多くの企業で導入されているものとして、グループウェアがある。グループウェアは、社員のスケジュール管理や情報共有、コミュニケーションなどのツールを統合したシステムであり、いずれも業務の効率的な遂行には欠かすことのできないものになっている。グループウェアを企業が導入する場合には、有償サービスと無償サービスの選択がある。最近では無償のグループウェアサービスの機能が向上してきており、小規模な企業などにおいては無償のグループウェアの利用でも十分活用できるようになってきている。特にこれらのシステムの利用では、社員数などに応じて月々の利用料が発生する。その為、経費を削減しつつグループウェアを利用するためには、無償サービスは最適である。

利用制限とその対策

無償で提供されているグループウェアを利用する場合には、人数の制約が多いということがある。これらのサービスでは、利用者が10人以下の場合など人数に制約を掛けているケースが多い。その為、小規模なプロジェクトで利用したいときや、社内での本格導入前に試しに使ってみたい場合にはこれらの利用ができる。また、機能面で制約を掛けているケースもある。例えば、ディスク容量や登録件数の最大件数、利用できる機能の制限などがある。無償で利用できる範囲での利用で十分であれば、そのまま利用することが最適である。有償サービスとなる場合にでも、必要な機能のみを絞って利用料を支払うことでコスト削減に繋げられるケースがあるため、検討がポイントである。