組織のマンネリ化を防止|無償で試せるグループウェアをまずは使ってみよう
男性たち

無償で試せるグループウェアをまずは使ってみよう

組織のマンネリ化を防止

PCを操作する人

強いリーダーシップが必要

組織体系に正誤はありません。今の組織が必ずしも正しいとは言い切れないのです。そのため企業は組織改革を行います。社員のマンネリ化を防止するとともに時代に即した組織体系を構築することで会社全体の雰囲気を変えることに寄与しているのです。もちろん対外的には消費者や株主などへのアピール材料にもなります。しかし人間は変革を恐れます。組織改革に前向きになる人もいれば、後ろ向きになる人もいるのです。しかし組織変革をすることで成功させるためには、社員の統一感が必要になります。この統一ができるリーダーシップを持った人間が組織改革を成功させることのできる人間なのです。そのため改革することでの方向性の明示や改革の意味などをしっかりと全員に落とし込む必要があります。

スパンは長期的

組織改革は一定の効果を出すことができます。新しいことに興味がない人はいませんので、少なからず自分の役割や役目について自主的に行動し始めます。しかしこれを見込んで組織改革を何度も必要以上に行う事はマイナス効果になります。組織改革はあくまでもマンネリ化の脱出の方法です。あまりにも多い変革は、逆に混乱を生じさせ組織の崩壊を招く恐れもあるのです。そのため組織改革は短くても数年単位、できれば5年や10年の単位で行うことが望ましいのです。組織改革といっても、自分たちだけの力のみで意識や行動を変えるのは難しいものです。そのため、改革を行なうと決めた際には、外部からのアドバイスを受けるのが良いでしょう。社外の著名な経営コンサルタントに相談して、組織を客観的に見つめなおすのも効果的です。また、社内連携でのロス行動を減らすために、業務を共有するようなソフトを導入するのも良いでしょう。様々なアプローチ方法があるので、会社の社風を大きく崩さないような方法を選択するのが望ましいです。