子会社の納税を同時に実施|無償で試せるグループウェアをまずは使ってみよう
男性たち

無償で試せるグループウェアをまずは使ってみよう

子会社の納税を同時に実施

オフィス

納税額を安くする

企業の納税方法にはいくつか種類があります。子会社など連結会社を持っている場合には、連結納税という手法をとることができます。連結納税制度は、連結グループ会社を一つとして損益通算処理して納税を親会社がまとめて行う制度です。連結会社のすべての損益を通算することができるのが最大のメリットになります。また繰越欠損金の繰越控除というメリットも併せて持っています。連結会社に赤字企業を抱えている場合、その損益を通算させることで納税額を少なくすることができます。業績が異なる場合には、この方法を採用することがおすすめです。ただし逆にデメリットもあります。控除などの計算は個別に申請したほうがお得になるケースがあるため、必ずしも連結納税が良いというわけではありません。

慎重に検討すべき

連結納税の対象法人は親会社が、国内法人である場合の完全支配関係がある場合に限られます。つまり子会社です。連結納税と似た制度にグループ法人税制があります。これは子会社でなくてもグループ会社と通算して納税することができる制度ですが、連結納税と異なる面も数多く持っています。そのため必ずしも優遇される規定にはなっていませんのでどのような納税スタイルをとるのかを良く考えるのが大事です。大企業になると納税額も巨額になります。申請方法を変更するだけで億単位の納税額の違いが出る場合もあります。そのため納税額を事前に計算してどの方法を採用するのかによって利益額にも影響を及ぼすことになるのです。税理士などに相談して決めることをすすめします。